先輩社員メッセージ EMPLOYEE MESSAGE

message

高田支店技術部

新潟工科専門学校
環境測量科 卒
平成29年入社

仕事に誇りを持ち、
自分が成長することで
周囲の反応は変わってきます。

01 Q.仕事のやりがいは?

私は、測量技術者として日々測量業務に携わっています。測量現場では、基本的にチームで業務を行うため、常にコミュニケーションを取りながら作業を進めていきます。
毎日が忙しく、つらいなと感じる時もあります。そんな時に職場の同僚や先輩から「感謝の一言」を言われると「また頑張ろう」という気持ちになります。自分が成長することで周囲の反応は変わってきます。

最近では、自分が頑張ることで先輩方から「だんだん認められてきた」と感じる機会が増えたこともあり、充実した毎日を過ごしています。

02 Q.志望動機は?

高校の授業で学んだ測量に興味を持ち、「測量の仕事につきたい」と測量の専門学校に進学しました。

就職活動では、測量会社について学校の先輩など周囲の方に相談した際、「ナルサワコンサルタントがいいのでは?」と度々耳にしました。そんな経緯から会社説明会等に参加した印象として、なんとなく会社に親しみを覚えたことを思い出します。新潟県の社会インフラ整備に携わる、地域密着の会社だからこそ身近に感じたのだと思います。
「そんな会社で働きたい」と思い、当社へのチャレンジを決めました!

03 Q.仕事内容は?

測量の現場では、作業効率や安全面などなど多くの要素を検討し、現場にあった手順・手法を選択しています。激しく崩壊した災害現場など人の立ち入りが困難な場所では、ドローンを活用した空撮によって地形測量を行っています。

04 Q.仕事での失敗談は?

私に任された仕事で優先順位を的確に判断できず、作業に遅れが出てしまったことがあります。
仕事を与えられたときに急を要する仕事か確認したり、仕事が重複したときは先輩や上司にスケジュール確認や作業内容を相談したりすることで、解決できたことを覚えています。報告、連絡、相談といった基本的なコミュニケーションがとても大切だと改めて感じました。

05 Q.学生時代に学んだことが仕事に活かされたことは?

測量の専門学校で学んだ知識を現場作業と結びつけることで、作業工程等が明確にイメージしやすく、新たな発想につながると思います。日々アップデートされる知識を身に付け、自分の考えを実行に移すことで、おのずと技術として昇華されていきます。そのための基礎知識を学校で学べてよかったと思います。

06 Q.思い出深いエピソードは?

近年、局所的な豪雨により甚大な被害をもたらしていますが、その中で災害復旧の業務に携わった際、地元の方々から何度も「よろしくお願いします」や「ありがとう」といった言葉を頂き、自分の仕事に誇りをもつことができました。大変な仕事だとは思いますが、それだけに「誇り」と「責任感」を持って取り組んでいます。

07 Q.休日の過ごし方は?

休日では、日々の疲れを取るために友人と遊びに行ったり、食事をしたりと息抜きをしています。趣味である週一回の社会人バスケットチームでの活動では、汗を流すのが気持ちよく、最高の気分転換になります。

08 Q.今後の目標を教えてください

仕事のやり方などに自分なりの考え方を持つようになりました。仕事だけでなく、自分で考え工夫した点などもしっかりと周囲に発信することで、会社に貢献したいと思います。

message 就活中の皆さんへメッセージ

会社のホームページや企業説明会、インターンシップなどに積極的に参加し、多くの情報を得ることで、興味の持てる会社を選別してください。また、当社にも積極的に参加してください。

お問い合わせ CONTACT

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

CONTACT FORM
TOP